アラフィフからの歯列矯正

47歳から始めるインビザラインを使った歯列矯正のアレやコレやをご紹介します。

このまま44枚目まで突っ走る

数か月ぶりの定期健診に行ってまいりました。

歯列矯正を始める段階で立てられた44枚目計画。残すところあと10枚、というタイミングで訪問しました。

 

invisalign-a24

周りのインビザライナーから、最後のアライナーに到達する手前で大体「リファインメント」と呼ばれる治療計画の見直しがある、と聞かされていました。
一番はじめに立てた治療計画通りに歯が動かないことで、既に用意されたアライナーと実際の歯並びに誤差が生じてくるので、計画の練り直しとアライナーの作り直しが高い確率で行われるとか。

アライナーは海外(メキシコや中国)で製造されるため、出来上がるまでに時間がかかるのは仕方ないとして、どうしても多くの患者を抱える医院では忙しすぎて担当医のデスクワークが捗らず、かなり待たされるケースがあるようです。

治療の再計画やアライナーの製造に時間を要することから、私の知人も「もう2か月も同じアライナーを使っています(嫌)」という人がちらほらいました。

自分も知人のように、最後の枚数までいく前に足踏みをするのではないか・・・と思っていたのですが、今回の検診の結果、最後の44枚目までこのままやってみましょう、という判断が下されました。

ただし、すべて計画通りに進んでいるわけではなく、下顎の前から3本目の歯が予定していたほど上がってきていない、とのこと。(そもそも、歯って上がるの?!)
本来は回転しながら上に引き上げたかった下顎の歯だったのですが、そこが思ったほど動かなかったようです。
確かに、言われてみるとアライナーと歯の間に若干隙間というかデッドスペースが見られます

ここについては、44枚目のアライナーを全て完走した後に、また対応を考えましょう、という結論にいたりました。現段階での足踏みはなかったものの、今後なにかしらの「リファインメント」が発生するのでしょう。

今回の定期健診では、クリーニング、前歯部分のIPR(3回目・・・もぅイヤ)、今後の治療計画説明、で終わりました。

最後に、先生が矯正を始める前に撮った私の写真を見せながら「最初はこんな感じでしたよ。よく頑張りましたねぇ」って褒めてくださったのが嬉しかったです。優しいセンセイで良かったです・・・(涙)

つづく。

 

2枚目と34枚目のアライナーを比較してみた

以前行った、2枚目と25枚目のアライナー比較

 

zuruchi.hatenablog.com

 
あれから2か月が経過したので、またまたやってみました
今度は2枚目と34枚目の比較です。

前回やった時は、残念ながら目立った違いがそんなになく、一目瞭然で「わぁ、歯並びが良くなった!」と思えないくらいの微妙な違いでした。
半年も毎日頑張ってきたのに、期待したほど動いていない・・・と少しがっかりしましたが、あれから二か月が経過。気を取り直して、再度挑戦してみました。

では早速みてみましょう!

 

f:id:zuruchi:20210715163258j:plain

上顎 上が2枚目、下が34枚目

おおお・・・!?

f:id:zuruchi:20210715163243j:plain

下顎 上が2枚目、下が34枚目

わぁぁ・・・♡

前回とは違い、だいぶ前のほうの歯がきれいに並んできたように見える
気のせい?ひいき目?
いやいや、下顎なんて前歯4本がシャキーンと揃ってきていますよね?!

はぁあああ。目に見える成果って、大事
達成感に浸れます。

いや、まだまだゴールまでは道のりが長いんだけれど・・・
しかも、34枚目って本当は明日の夜から使い始めるアライナーなのに、はやる気持ちを抑えきれず開封してしまったんだけれど・・・


でも、着実に良い方向へ向かっている事が実感できて、とても満足
今日は良い夢を見られそうな気がします。

ちなみに、昨夜は何が影響を及ぼしたのかわかりませんが、下顎のアライナーが破れて(壊れて)しまい「困ったなぁ、あと1日はこれ装着しなければいけなかったのに、こういう場合はどうすれば良いのだろう」と悩む夢でした。

どした、ワタシ・・・。

 

つづく。

 

矯正が終わったらやってみたいこと

32枚目のアライナーに突入。
当初の予定では全部で44枚なので、だいぶ終わりに近づいてきています。7-8割のインビザライン利用者は、最初に計画された枚数で終わらず延長するようなので、覚悟はしているものの、早くも歯並びが良くなったらやりたいことを妄想しています。

 

  1. ホワイトニング

    Teeth Whitening Cambridge


    これまで興味はあったものの、歯並びが悪い自分には恐れ多いと思っていたホワイトニング。歯医者さんで行うものや、自宅で行うものなど様々な手法があるようです。
    歯の着色や黄ばみは、外部要因と内部要因の両方で引き起こされます。
    まず、コーヒーや赤ワインのような色が濃い飲み物・食べ物で着色が進みます。また、加齢が原因で歯の内部にある象牙質の色味が濃くなる一方、外側を覆うエナメル質が薄くなることで歯が黄色く見える、とか。
    コーヒーも赤ワインも飲みますし、年齢的にも十分オトナなので、アメリカの大統領ほど白くする必要はないのですが、歯並びが良くなったあかつきには挑戦してみたいと思い、情報収集をしています。

  2. トウモロコシにかぶりつきたい

    two-color corn

    歯並びが悪い自分が長年苦手としていた食べ物、それはトウモロコシ。
    かぶりつくとキレイに粒が剥がれないため、いつも上手に食べることができず、とら刈りのような芯が残ってしまいます
    結局どうやって食べていたかというと、根気よく手で粒を3-4個ずつ剥がしていました。きれいに食べれるものの、とても時間がかかる・・・ということで、歯並びが良くなったら、堂々とかぶりついてみたい。
    ただ、44枚目を終えた頃は、すでにトウモロコシの時期が過ぎていそうなので、実現するのは来年になるかも。

  3. 社員証などID写真を笑って撮りたい

    smiley-face

    運転免許証やパスポートには出来ないかもしれないけれど、せめて社内用の写真(社員証やTeamsに使うアイコン)に歯を出して笑っている写真を使ってみたい!
    これまで使っていたのは、口を閉じたやや真面目そうな写真ばかり。
    状況によっては笑っている写真が適切ではないタイミングもあるかもしれないけれど、Teamsのアイコンならすぐ変えることが出来るので大丈夫かな、と思っています。

まだまだ気が早い話ですが、モチベーションアップにもなるので、インビザが終わったらやりたい事リストを今後も増やしていく予定。私の妄想は続きます・・・。


つづく。

矯正を始めてから使っている歯ブラシ

私がデンタルケアに目覚めてから長年ずっと愛用してきた歯ブラシ
それは、ケーオーデンタル株式会社GVK 3.07です。

調べてみると、ケーオーデンタル株式会社は、西新宿(新宿野村ビル)と杉並(松庵)に本社をおく、創業1952年の老舗。創業者小坪清彦が自転車一台で始めた、とウェブサイトに記載されており、ケーオーという社名は小坪氏の「こ」を取ってKOなのか・・・と思いをはせた次第です。

GVK 3.07という歯ブラシは、デュポン社製最高級のタイネックス612ナイロンを使用している、という謳い文句ですが、それがどれだけスゴイことなのか素人には分かりません・・・個人的には、それよりも3.07という数字の由来がずっと気になっているところ。

ハンドル部分が飴のように透ける色合いも好きで、私は十年来、自宅でも、出張先でも、旅行先でもずっとレッド色を愛用してきました。

 

しかし、インビザラインを始めて間もなくのエントリーでも書いたとおり、歯にアタッチメントが沢山ついてしまった今、歯ブラシの消耗がとんでもなく早いのです。

1週間するとヘッド部分が荒れはじめ、10日もするとボサボサな状態に。

GVKの歯ブラシ自体は、握りやすく、ヘッド部分もコンパクトで使いやすいのでとても気に入っているのですが、あまりの消耗の早さにコスパが悪くなってしまいました。

頻繁に取り換えることを前提に、もう少し安い歯ブラシはないのか・・・と探してみて、数か月前から使い始めているのが株式会社オーラルケタフトです。

 

株式会社オーラルケアは、荒川区西日暮里に本社をおく1980年に設立された会社。

オーラルケアの歩み、というマイクロサイトを読み進めると、創立者の大竹氏は通訳の仕事でスウェーデンを訪れた際、とある博士の予防歯科に関するプレゼンに感銘をうけ、日本においても予防歯科の理解と普及を広めるために会社を設立された、とのこと。

ウェブサイトに記載されている創立は1980年だけれど、大竹氏がスウェーデンを訪問したのが1987年で、その後オーラルケアを設立されたそうなので、ちょっと時系列的にハテナ?が残るのものの、大竹氏のおかげで私はコスパの良い歯ブラシに巡り会うことができました。感謝です。

楽天などでは10本セットを買っていますが、東急ハンズやLOFTでは1本ずつ販売しているので、お試しにまずは1本買ってみるのも良いかと思います。


つづく。

 

29/44枚目だが、まだまだ感


久しぶりのアップデートです。


これまでの奥歯を中心に動かしていた段階が終わり、ようやく前歯を動かすステージに入っています。

事前に担当医師から「この段階は特に噛み合わせが悪くなるので、ちょっと食べ物が噛みにくくなってしまうんですよねぇ」と宣言された通り、これまでにないレベルでの噛みにくさを日々感じています。

口に入れた食べ物の硬さによって、どこの歯を使って噛むべきかを探す試行錯誤の毎日。
不快だ・・・(涙)

もともと食べるのがゆっくりな私ですが、余計に時間がかかってしまい、なんだか食事の味よりもどうやって攻略するかに神経を使う日々となっています。

そもそも、歯並びをきれいにする事によって虫歯のリスクを減らし、なるべく長く自分の歯で食事を楽しみたいと思っていたのに、それに向けての過程でもう既に食事が楽しめていない現状。一時的だと分かっていても、フラストレーションがたまります。

 

現在30枚目を手前にして、歯並びの状態はこんな感じ。

f:id:zuruchi:20210613115343j:plain
(生々しさを軽減するために白黒加工)

一か月前に紹介した2枚目と25枚目のアライナー比較の際も、「あれ?たいして変わってない?」と思ったのですが、実際の歯を見ても、まだ「え?まだまだじゃない?」って思います。きっと、ここが我慢のしどころ、なのかもしれません。


zuruchi.hatenablog.com

 

ところで、前回の検診の際、さらに気になることを先生が言っていました。
「前の歯が一気に動くステージに入ったので、これから歯が相当グラグラします


・・・え?
グラグラ?

これも一時的で、一気に動かす距離が大きいと、びっくりするほど歯がグラつくそうです。もちろん、動かし終わって落ち着くと、しっかり固定されてくるとか。

そういえば、半年ほど前、社内でインビザ仲間を見つけた際、その人が言っていた・・・
「今さー、所々で歯がすっごいグラグラしてるんだよ。本当に大丈夫か、って思っちゃって、歯医者さんに聞いているんだけれど、そういうものだから気を付けて食事してくださいって言うんだよねー」


ひー!怖すぎる。

まだ私の歯がそこまでグラついていないけれど、そうなれば好物のハード系パンとか、しばらくお預けになるかもしれない。

 

試練はつづく。

 

 

フッ素のチカラで虫歯予防

毎日の歯磨きは、以前書いた通り、もう10年ほど同じ歯磨き粉を使っているのですが・・・
zuruchi.hatenablog.com

 

最近それにプラスして、寝る前にフッ素コートのジェルを塗るようになりました。 

 

きっかけは前回の定期検診。
歯のクリーニングをしてくださった歯科医衛生士さんと歯磨き粉の話になりました。

長年愛用しているライオンの「チェックアップ」の後に、これまた歯科業界ではお馴染みの「コンクール ジェルコート」で再度歯磨きをすることがある、とお伝えしたところ「歯磨きとして使うのではなく、歯をコートする目的で使ったほうが良い」と教えていただいたのです。


アライナーを外して食事をしている際に、どうしても起きてしまう歯の色素沈着。コーヒー、紅茶、緑茶はもちろんのこと、カレーなどの色が濃くて付きやすいものを食べたり飲んだりすることで、徐々に歯は汚れてしまいます。


それをキレイにするためにも少量の研磨剤が入っている歯磨き粉を使って食後に歯を磨くことが必要なのですが、この「コンクール ジェルコート」は研磨剤が入っていないので、通常の歯磨きをするタイミングで使うには不向きだとか。

私が偏愛する「チェックアップ」は容器に「低研磨」とかいてあるので、まずは「チェックアップ」で歯磨きをし、フロスして歯間汚れもきれいに掃除したあと、夜寝る前に「コンクール ジェルコート」を歯にまんべんなく塗って、うがいをせずそのままアライナーを装着、という手順を提案されました。

それにより、せっかく塗った高濃度のフッ素が流れ出ず、より歯にしっかりと付着することで虫歯予防になるから、とのこと。

しばらくは、この方法でケアをしてみようと思っています。
 

つづく。

 

再度、エナメル質を削る

先日、約2か月ぶりにお世話になっている歯科医へ行ってまいりました。

インビザライン用のアタッチメントが歯の表面に沢山付いているため、その周りに出来てしまった汚れのクリーニングも兼ねての定期検診です。

ちなみに、人によっては、アライナーを外している時でも、歯が汚れやすい(色素沈着しやすい)からと言ってコーヒー、紅茶、緑茶や赤ワインを飲まないよう努力している人がいますが、私はガンガン飲んでいます

Decaf Soy Caffe Latte AUD4.50, Long Black Coffee AUD3.50 - D.O.C. Mornington

すでに間食を我慢しているので、せめてアライナーを外しているフリーダムな時間くらい、自分の好きなものを飲んだり食べたりしたいじゃないですか(笑)

で、話を定期検診に戻します。

一通りクリーニングが終了したところで、院長先生が登場。

アライナーの装着具合を確認。下顎のアライナーをググッと押してみて「いいですね」。上顎のアライナーもググッと押して「いいですね、いいですね」。

そして次に言ったのは、「じゃIPR」。

ええええぇぇーーーー。

IPRとは、以前のエントリーでもご紹介しましたが、interproximal reductionの略で、隣接間(interproximal)を減らす(reduction)、つまり、エナメル層を削って歯と歯の間に隙間を作ることです。

zuruchi.hatenablog.com

前回IPRを行った際、歯茎まで削られた気がして(気のせいではないが・・・)その後数日ヒリヒリしてい痛かったし、何よりも健康な歯を削ることに抵抗があったので1回で終わるといいなぁ、と思っていたところに、まさかの2回目・・・(沈)

うすーい金属製のやすりのようなもので、爪をファイリングするかのごとく、歯と歯の間をガリガリやって削る古典的かつマニュアルな方法です。

仕方ないけれど、嫌だなぁ・・・と口を開けながらぼんやりしている所へ、追い打ちが。
「いまある奥のほうの銀歯になっている部分ですが、一度外してプラスチックのものに置き換えさせてください。ここにも隙間を作りたいので、歯を全部動かしきった後、最後にまた適切な形やサイズで戻したいので。問題ないでしょうか」

「・・・あ、はい」

 

今日は簡単な定期検診だ、と勝手に妄想していましたが、思いもよらず、麻酔→銀歯除去、プラスチックの詰め物に交換、という作業となりました。

一応「問題ないか」聞かれたので、「あの・・・問題ある場合って、どんなケースなんでしょうか」ってお尋ねすると「麻酔をするので、あと2時間くらいはお食事を摂れないんですよ、いま12時半ですけど、まだお昼ごはん食べていないですよね。ちょっと遅くなってしまうので大丈夫かな、と思って」

なるほど、私のランチ時間を気にしていただいていたとは・・・


という訳で、単なるクリーニングで終わらず、麻酔まで行った定期検診となりました。

つづく。